匿名

貿易家という立場で、新しい価値を提供できるのは、とてもワクワクすることではないかと思います。

簡単な経歴を教えてください

Web制作会社勤務中に欧米輸入ネットショップ販売を開始、中国輸入Amazon販売へ転向。

他の先生(コンサルタント)と大竹の違いはどんな点でしょうか?

欧米ブランドものの輸入、ネットショップ販売をしていましたが、もともとブランド品にうとく、頑張っても結果が伴わず、もうこれはやめるしかない、と、とても落ち込んでいました。そんな時、大竹さんの「ヒット商品量産プロジェクト」の募集が目に入りました。もう後がないという状況の中、藁にもすがる思いでメールを送ったことを覚えています。たしか、募集のメールを見たときには、すでに締め切り後で、キャンセル待ちなら受け付けます、というようなタイミングだったと思います。欧米ブランドもの輸入に関して、今まで教わっていた方は、知らないブランドでも、売れてくれば好きになるし、調べたり、お客様からの問い合わせに答えたりするうちに詳しくなる、と言われていました。しかし、大竹さんは、そもそも興味のないもの、今までの経験の中で関わってこなかったものについてはわからないものだ、という話をされ、経験に即した商品を扱うよう教わりました。そして、その通りにしたところ、確かに、商品に必要な点や、販売ポイントに気付きやすく、おかげさまで、出品した商品が新着1位を取るということも1商品に止まらず、という結果になりました。初年には、年間ランキングに入った商品もありました。全く、大竹さんのおかげです。大竹さんは、通り一遍等、マニュアルを作ってみんなに同じやり方を教える、という感じではなく、その方その方の良いところを引き出すというやり方で教えてくださいます。だから、結果が出やすいのだと思います。また、本当に親身になって考えてくださいます。大竹さんのような指導をされる方を他に知りません。出会えてよかったと思える方です。

大竹(ユビケン)に一言メッセージをお願いします

相変わらず、扱う商品数が少ないので、進みもゆっくりですが、コツコツと続けています。当初アドバイスいただいた商品数にまだなっていないので、今年はもう少し増やそうと思っています。いつもいただいた言葉を思い出しながらやっています。ありがとうございます。

最後に、これから貿易家を目指す方へメッセージをお願いします

自分の選んだ商品が、一般の方の目に触れて、買っていただけるというのは、とても嬉しいことだと思います。私は、人の役に立つもの、喜んでいただけるもの、その方の生活の中に何かしらの彩りを添えるものを提供したい、といつも思っています。貿易家という立場で、新しい価値を提供できるのは、とてもワクワクすることではないかと思います。